MUSIC PLANET

【MUSIC PLANET】費用77万円のカラクリを調査してみた/体験談No.12

imoco
imoco
こんにちは!共働き主婦 のimocoです!このブログでは、私が“MUSIC PLANET”に参加するにあたり、気になったことをトコトン調べてまとめています。第12弾の今回は「参加費用」についてまとめてみました。
このような人におすすめ
  • ミュージックプラネットの参加費用について知りたい
  • オーディションを受けたいが費用がかかるとの噂に不信感があり躊躇っている
  • なぜ参加費用がかかるのか知りたい

ミュージックプラネットのオーディションを受けようと思っている人にとって、参加費用が躊躇する原因となっているのではないでしょうか。

費用がかかるというだけで怪しい印象を受けますし、なぜ他の芸能事務所のように無償ではないのかと疑問に思いますよね。

そこで、今回はミュージックプラネットの参加費用について徹底的に調べてみました。

ミュージックプラネットに参加するには費用がかかる?

ミュージックプラネットの参加費用についてYahoo知恵袋で調べると下記のような質問が投稿されていました。

ミュージックプラネットの歌手オーディションに合格しました。ですが、77万円払うと言うことで、迷っています。 ネットではあまりいい評判が多いのですが、どうなんでしょうか?

ヤフー知恵袋

この質問者が仰っている通り、プロジェクトに参加するためには費用がかかるのは事実です。DTMの機材を揃えた方が安く上がるほど高額ですよね。

しかし、ミュージックプラネットへの参加に費用がかかるのには、明確な理由があります。なので、Yahoo知恵袋などで書かれている「全員合格にして費用を騙し取る詐欺会社」「オーディション商法で有名な事務所」というのは誤りです。

ミュージックプラネットの費用がかかる理由

お金がかかるというと、どうしても怪しい感じがしてしまいますよね。ミュージックプラネットは、怪しくないのにお金がかかるというのは、どういう事なのか説明していきます。

ミュージックプラネットと芸能事務所では下記のような違いがあるのです。

芸能事務所やレコード会社の場合

顧客=音楽を聴く人

商品=楽曲(アーティスト)

ミュージックプラネットの場合

顧客=アーティストになりたい人

商品=楽曲制作等の10大特典

つまり、ミュージックプラネットは“歌手になりたい人”をターゲットとしたビジネスなので、芸能事務所とは全く別のものです。

しかし、ミュージックプラネットを芸能事務所だと思っている方が多いため、「所属アーティストからお金を取るなんて怪しい事務所だ」という勘違いが生じているのだと思います。

ミュージックプラネットはグレーな商売?

「ちょっとまって、これって詐欺じゃないにしても金づるってことじゃ・・・」

と、少しガッカリした方もいるかもしれませんね。費用がかかるというのはそれだけで怪しい印象を受けると思います。そして、このような疑問が湧いてくるのではないでしょうか。

「そういうことであれば、お金を払った人が全員参加できるようにすればいいのに、なぜオーディション制なの?」

実は、それにもまた理由があるのです。詳細を知りたい方は下記の記事を読んでみてください。

これは主観になってしまいますが、私はミュージックプラネットに参加してみて、怪しいという印象を持ったことがありませんし、“より多くの人にチャンスを与えたい”という思いは本当だと感じます。

「費用を払って歌手ごっこをさせてもらうだけのプロジェクト」

というような見方をされても仕方ないとは思いますが、ミュージックプラネットで活動することは悪いことばかりではありません。

芸能事務所とミュージックプラネットではメリットデメリットに違いがあるので、その点を踏まえたうえで契約するか否かの判断をすることをおすすめします。

ガッカリするのはまだ早い

ひとつ言えることは、“あなたは金づるではなく、オーディションを実力で勝ち抜いた”ということです。

ミュージックプラネットは、まだ成長中のプロジェクトなので、“ビッグスター”は輩出されていない状況です。

なので、必ず有名になれるという保証はないですが、この新しい取り組みに共感して、ミュージックプラネットと一緒に盛り上げていきたいと考えられる人は参加する価値があると思います。

ミュージックプラネットの倍率が気になる方は、下記の記事もおすすめです。

それでも、やはり未知のものに対する“怪しさ”を拭うのは難しいですよね。辞退を検討している方も多くいるようです。もし、辞退を考えているようでしたら、下記の記事も読んでみてください。

コンビ公式オンラインショップ